1. ホーム
  2. ニュース
  3. 第28回 環境地図教育フェア2018 無事終了!

ニュース

第28回 環境地図教育フェア2018 無事終了!

今年も「第28回 環境地図教育フェア2018」無事終了しました!

例年通り「私たちの身のまわりの環境地図作品展」は旭川市科学館サイパルで、研究発表&特別講演やワークショップに表彰式は隣の旭川市民交流センターCoCoDeで開催しました。

今年はなんと海外から素敵なお客様が!

surobenia01.jpg

なんと作品を応募してくれたスロベニアのOsnovna šola Brezovica pri Ljubljaniから生徒さんと先生が来日してくれました!

とても中学生とは思えない素敵な生徒さんと気さくで朗らかな先生で、研究発表でも挨拶していただきました。

surobenia.jpg

 作品解説も通訳しながら行っていただきました。

surobenia02.jpg

 

今年は私たち「環境地図教育研究会」が発足して丁度20年!

そのことを記念して特別講演は、当研究会の顧問であり、北海道教育大学名誉教授の氷見山先生に

環境地図教育研究会20年の歩みをふりかえる

と題して講演いただきました。

himiyama.jpg

 とても貴重な写真とお話をありがとうございました。

 

その後の研究発表は3名の先生方がご登壇。

最初に、私たち環境地図教育研究会の顧問で、様々なイベント等多彩な活動をし、いろんな人と重要なコネクションを元に大活躍していらっしゃる小野寺 徹先生。

onodera.jpg

「環境地図教育研究会20年を振り返る~特別講演・研究発表・研究会誌から~」

と題して、懐かしい様々な写真や資料と共に楽しいお話を聞かせていただきました。

 

お二人目は 平塚市立金目中学校総括教諭の大谷 誠一先生

 ootani.jpg

「国際地理オリンピック大会を基にしたフィールドワーク指導

-私たちの身のまわりの環境地図展とともに-」

 

と題しまして、長年国際地理オリンピックに関わっていらっしゃった経験から、新しい地図展の未来を語っていただきました。

 

続いて 元東京書籍株式会社地図編集長の福田 行高様

fukuda.jpg

「環境地図教育研究会20年を振り返る~小学校での指導から~」

福田さんは長年社会科の教科書を作成してきた経験と、環境地図作品展との関わりを元に東久留米市立小山小学校にて、環境地図作品のご指導を行っています。

環境地図作成指導の難しさと楽しさを経験を元にお話してくださいました。

 

 

2日目は旭川市民交流センターCoCODeにて「みんなの環境地図ワークショップ2018」が開催されました。

work01.jpg

今年も全国からたくさんの生徒さんが参加してくれました!

スタッフ一同大感謝です。

work02.jpg

今年は指定テーマ「身のまわりのニオイ」に関連して、ニオイのマーク当てクイズが行われました。

work03.jpg

また、最後のクイズ大会では各チーム協力して元気に回答したいただきました。

work04.jpg

 

その後は表彰式!

hyousyoushiki01.jpg

たくさんのご来賓や家族の方々に見守られる中、みなさん元気に賞状を受け取っていらっしゃいました。

本当におめでとう!

hyousyoushiki02.jpg

hyousyoushiki03.jpg

スロベニアの生徒さんも恥ずかしそうに。。

hyousyoushiki04.jpg

最後は恒例のみんな仲良く記念撮影!!

hyousyoushiki05.jpg

今年も参加していただき、本当にありがとうございました。

みなさんのその笑顔を見ると、スタッフ一同、また来年もがんばろう!という気持ちがわき起こります!

ぜひ来年もみなさんとお会いできるのを楽しみにしています!