日本語|English

会長挨拶

 環境地図教育研究会は、2022年8月3日をもってこれまでの研究会のホームページをリニューアルいたします。この機会に、当研究会のあらましをご紹介させていただきます。    

 環境地図教育研究会は、1991年に旭川市で生まれた国際的環境地図コンテスト「私たちの身のまわりの環境地図作品展」とそれに関連する活動を通して環境地図教育の深化と普及を図るために、1998年2月に設立されました。この研究会は毎年10月に旭川市で優れた環境地図作品の展示会を開催するほか、関連する研究集会、北海道教育大学の学生を運営主体とする児童生徒のためのワークショップ、研究会誌の発行などを行なっています。この地図作品展は我が国で行われている児童生徒を対象とした地図作品展の中で唯一、日本全国のみならず世界のどの国や地域の児童生徒(6歳~18歳)でも応募することができる、文字通り国際的な地図作品展です。  

 ここ数年は当研究会が発足当初から事務局を置いてきた北海道教育大学旭川校において、関係する教員の異動が相次ぎ、また出口の見えないコロナ禍の席巻により、研究会の活動は影響を受けました。しかしZoomによるオンライン会議を早い時期に導入して北海道外に住む研究会員の会務や作品展運営への参画を促進するなど様々な工夫をしつつ作品審査会や作品展示会を継続的に実施するなど、会の活動が滞ることはありませんでした。それはひとえに作品展に応募していただいた沢山の児童生徒の頑張りとそれぞれの作品が発する強烈なインパクト、彼らを支えるご家族やご指導くださった先生方の熱意、それに多くの方々や機関などからいただいたご支援のお陰であり、感謝に耐えません。  

 新しいホームページは、セキュリティレベルがこれまでよりも高くなり、データの更新もしやすくなります。この機会に皆様からアイディアやご希望をお寄せいただき、より良いものにしたいと存じます。ご協力を宜しくお願い申し上げます。また「環境・地図教育の深化と普及」に興味関心をお持ちの方には、是非当研究会に入会し、会員として共に活動し、学習していただければと念じております。研究会への入会をご希望の方は、「入会案内」をご覧ください。また、ご意見ご質問等は、お問い合わせページよりお送りください。お待ちしております。

2022年8月1日

環境地図教育研究会 会長 氷見山幸夫